こざかなブログ

おすすめ動画、ゲームプレイ日記、アニメ感想などを中心にざっくばらんなブログ。楽しさや懐かしさ探しのお手伝いになれば幸いです。ドラクエ(スクエニ系)、レトロゲーム、たまにソシャゲ類(現在はフラワーナイトガール)、DB芸人関連(ほぼ休止中)が多めです。現在は2020版ダイの大冒険をはじめとしたアニメ感想を綴る機会が多いです。紹介動画様のチャンネル登録などもよろしくお願いします。

アニメ感想:ダイの大冒険(39)『鬼岩城大上陸』

39話では原作15巻168ページ1コマ目あたりまで。

今回は覇者の冠をダイの剣にする許可を得るというアニメオリジナルシーンが出てきました。確か単行本の後半で少しその話が回想シーンとして出ていたんでしたっけ?そんな記憶もあります。(違ってたらすみません)

 

38話で出てこなかったベンガーナ王とアキーナが登場しましたね。特別重要なキャラなわけでも何でもありませんが、ちゃんと登場していたことに安心しました。結構細かく順序を変えて放送しているのでどういう演出にするんだろう?と気になって観ています。あと印象的だったのは鬼岩城のCGシーンでしょうか。ゲームや戦隊ものに出てきそうな3Dモデルで数秒ですが映ったシーンがありましたね。40話以降も3DCGとして登場するのでしょうかね。

 

38話の時に述べましたが15巻の内容は基本的に早足だったので、やっぱり削りのシーンで勿体無いと感じる部分も多かったので、その部分の見直しは必要な気がします。ロンとジャンクの話(元ベンガーナ随一の鍛冶屋だったが大臣をぶん殴ってやめた話)とか。39話では表情の真剣さや迫力を表現する時の影なども原作と比較すると弱いかなぁという気もしてます。原作は心情(インパクトのあるコマ)が読者にダイレクトに伝わっているのに比べてどこが目玉なのかが分かりにくく感じたので、このメリハリがあるとハートに響きやすいように思います。

 

そして話が変わりますが、なんとYoutubeで7月20日~8月31日までダイの大冒険の第1話~第37話までを東映アニメーションさんのチャンネルで配信されるそうです。初めての方はもちろん、もう一度観たい方もぜひチェックしてみてください。

 

 

www.youtube.com

次回は15巻の残りを消化した後に16巻に突入。前回にもお話した通り単行本ではなく集英社文庫の本になりますので、ページを記す時はそちらになります。例えば16巻の最初のシーンは141ページから、となります。

私自身、少年時代に唯一抜けていた巻になるので思い出しそして暗記しながら視聴したいなと思っています。16巻の内容は結構弱いんです。

 

www.youtube.com

 

 

 書き忘れた状態で公開してしまったので追記。

www.youtube.com

ダイの大冒険の感想(26)でも触れましたが、EDテーマの「アカシ」のリズム感が良く、でも素人にはちょっと難しい感じにハマってしまって、久しぶりカラオケで歌うばりに何度も聴いて口ずさめるまで体に覚えさせていました。独特なリズム感と裏強めのミックスボイス?(が印象に残りました)の心地良さが癖になります。

個人的には「天使のささやき~」からの2行と最後の「信じ抜いた先"に""に"した」のところが中々覚えられなくて難しかったです。

作詞は斎藤宏介(さいとうこうすけ)さんでⅫのボーカル・ギターを担当。

 

www.youtube.com