こざかなブログ

おすすめ動画、ゲームプレイ日記、アニメ感想などを中心にざっくばらんなブログ。楽しさや懐かしさ探しのお手伝いになれば幸いです。ドラクエ(スクエニ系)、レトロゲーム、DB芸人関連が多めです。現在は2020版ダイの大冒険をはじめとしたアニメ感想を綴る機会が多いです。宜しければ紹介動画様のチャンネル登録などもよろしくお願いします。

【Steam版】ぷよぷよeスポーツのこと(4)

かなりお久しぶりのぷよぷよeスポーツ、しかもSteam版。

最強リーグのおかげで少し戦士(プレイヤー)側の熱を少しだけ取り戻せたので裏でプレイしていました。ただでさえ反射神経が求められるのにぷよぷよ筋衰えまくりだから追いつかないこと追いつかないこと。

プレイの成果としてはただただレートを落としただけなのですが、自分なりに嬉しい気付きがあったのでメモと紹介兼ねて綴ってみたいと思いました。

 

どのゲームでもそうだと思うのですが、自分のプレイングタイルってありますよね?攻撃型とか防御型とかスピード型とかトリッキータイプとか、麻雀ならデジタル派・アナログ派・オカルト派みたいなものなど。私は先折りGTRは抵抗のある価値観なので縛りプレイの如く意地でも避け続けてきているクチで、効率が悪くても最低後折り(結果的に後折りGTRになった・選んだという形で)、最初から固定化しないことだけ決めてプレイしています。

プレイしているとどのゲームでも必ずそのジャンル(世界)の強者、いわゆる上級者・超上級者(今で言えばプロゲーマーなどが分かりやすい対象)が存在し、言葉がネットスラング風で失礼な言い方になるかもしれませんが、多くのプレイヤーはその強者の誰かの下位互換だと思うんですよね。当然私も誰かの下位互換の一人。前述と申し上げた"気付き"ですが、なんと見つけました、自分の上位互換のぷよぷよプレイヤーさん。

 

www.youtube.com

現在はJeSU公認ぷよぷよプロプレイヤーでもあるSAKIさん。ぷよらーであれば認知度の高い超高レベルプレイヤーの一人。おいうリーグの優勝や最強リーグでも入り替え戦優勝を決めています。AC時代からもずっとご活躍されてきたプレイヤーでもあります。

先折りGTRではなく後折りタイプで基本GTRに向かっていくくらいのタイプで所謂固定概念に囚われおらず柔軟。且つ連鎖バリエーションや中盤以降の組み換え精度、連鎖構築技術、自陣の全体把握、画面上部での相手凝視がしっかりできているなど、どの面を見ても超一級品です。

私は中盤の連鎖構築が分離してしまうせいで、最大火力がおざなりになったり、目先の加点(最後にダブル)を取ってしまい結果的に中盤力や本線火力を落としているなどが非常に目立つプレイヤーなのでこういったところを課題にして直していけるといいなと改めて思いました。

土台の入りの手順が左1~2(1~3)列から順々でない作り方をされているので、オーソドックスな作り方とは異なるようなのでこの辺りはかなり独特。

 

www.youtube.com

大会ではありませんが、マッキー選手との30先の動画も見応え抜群です。相手がマッキー選手ということでほんの少しでも甘い判断をするとそのまま死に直結するので対戦内容がとても面白いです。30先を2試合されています。結果はネタばれ防止ということで伏せます。

 

 

kozakanasan.hatenablog.com

関連で。最強リーグについての詳細や感想なども綴っています。

 

 1試合目

SAKI30-マッキー29

2試合目

SAKI18-マッキー30

 

2試合目は開幕から10連勝くらいされて精神的にきつそうでしたね。マッキーさんの判断力もとんでもないから相当大変だったと思います。負けてる試合でも(ワンミスをするまでに)すごく良い動きをされている試合も多いのに持っていかれるという。試合運びが本当に上手い。

しかし参考教材が頭10個100個1000個抜けてるので、どこから参考にしたらいいのか難しい。連鎖の分離をなくせるように中盤中部の連鎖構築にしようかな。凝視は私には無理ゲー。(eスポーツに求められる判断速度がエグい)