こざかなブログ

おすすめ動画やアニメの紹介や感想、ゲームプレイ日記などを中心にざっくばらんなブログ。楽しさや懐かしさ探しのお手伝いになれば幸いです。ドラクエ(スクエニ系)、レトロゲーム、DB芸人関連が多めです。宜しければStarやブックマーク、紹介動画様のチャンネル登録などよろしくお願いします。

インスタントフィクションで実際に遊んでみよう!(2)

今日は密かに気になっているクラウディアちゃんとデートの日なのでテンションが上がっていた。

今日行くお店はちょっとしたお洒落なカフェで、食べ物も飲み物もとても美味しいと評判、以前からずっと気になっていた。その中でも人気なのが『愛のときめき』というメニューで、なんと1つのカップに2本のストローを差して楽しむという甘い甘い飲み物らしい。一気に2人の距離を縮められる魔法の一品だと風の噂で聞いている。

今日の目的は勿論これで、そのことでもう朝から胸のバクバクが収まらず、まだ彼女に会ってもいないのに緊張しっぱしだ。

 

「―――私の話、聞いてる?」

突然、僕の瞳の中に人間の顔面が飛び込んできてたので派手に体勢を崩すと、目の前には指を差してけらけらと笑うクラウディアちゃんがいた。……心臓が飛び出るかと思った。

「びびび、びっくりしたー!いつからいたの!?」

どうやら僕が物思いに耽っている間に待ち合わせ場所に着いていたらしく、そのことに全然気付かなかったらしい。予定と目的をちょっと頭の中で確認するだけのつもりだったのに。

「3分くらい前からずっと声掛けてたんだよ。ほーんと考えごとをすると周りのことが見えなくなるよね?アストン君って。」

地べたから申し訳ないと気まずそうな顔を向けると、僕の気持ちを安心させてくれるような笑みで返事をしてくれた。あなたの短所も認めてますよと言われてる気がして気持ちが安らぐ。彼女のこういったところに、もしかしたら惹かれているのかもしれない。

 

汚れてしまったお尻をはたきながら立ち上がると、

「アストン君が誘ってくれたお店って『愛のときめき』が有名だよね?」

「ブフォォォっっ!!!」

何か口に飲み物を含んでいたら威勢よく吹いていただろう。いや、ここは動揺してしまったら負けだ。平静を装っていけばきっと大丈夫。

「あー、そういえばそんな飲み物が有名だったヨネー。イヤー、最近のカップルは積極だヨネー、ハハハー。」

声が震えないように精一杯努力したのに、なぜか二秒でバレた。彼女は本当に鋭い。

「アシュトン君って……、嘘が下手過ぎて逆にすごいと思うな。」

逆に褒められる始末。いや、褒められてるのかこれ?

真相は分からないが『愛のときめき』の話が出た後も機嫌は悪くなってないのでイケるか?なんて思ってたら、

 

―――スーッ。

クラウディアちゃんが大きく息を吸い込んだ。次のターンにそなえて攻撃力を2倍にでもする気なの?

「まるで童貞みたいだね!!」

とクラウディアちゃんの無垢な笑顔とは対照的に痛烈な単語が飛び出すと、

「どどど、童貞ちゃうわ!!!」

僕はまるでベテランのツッコミ芸人かのような素早いツッコミで即答した。僕の意思とは関係なく。

「あははっ、アシュトン君の"呪い"って面白いよね。」

「僕で遊ばないでよ……。」

クラウディアちゃんに僕の繊細な部分を弄ばれたので不機嫌そうに答えた。

「ウソ吐いたバツ~♪」

彼女は悪戯っぽく舌を出して笑った。

 

そう、僕は童貞という単語を出されると条件反射的にテンプレート反応をしてしまうという何とも不憫な体質になってしまったのだ。……あの事件が起きるまでは普通の男だったのに。

 

 

※この物語はフィクションです。

登場する 人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

 

第二回はここまで。

もう少しネタっぽい単語を連呼したかったのですが、残念ながらこれ以上やると収拾がつかなくなりそうなので泣く泣く断念。

良かったら妄想して物語の別の切り口を見つけてみてください。

インスタントフィクションのやり方はこちらを参照に。

kozakanasan.hatenablog.com

 

 

以下はカットしたネタです↓↓

・Stay Ocean

本の名前でステイオーシャン。人気のようで2作も出るらしい

・レミっち

レミ・ヒラノフォード。

レナをレミにして平野レミさんを混ぜたレナ。料理が得意。

・ギャロとウルリカ

アストン君の弟・妹。もしくはお店内の店員でもいい。続き(内容)次第で変化。

・没文章

「この呪いのおかげでオリジナリティは皆無だし、元々デザインセンスの欠片さえないので美的センスなんてものは自分の中には存在しない。センスのいい彼女とは対照的だ。童貞なんて単語を急に出す人は滅多にいないので私生活に支障はないけど、万が一のことがあったら変人丸出しになるからどこか落ち着かないところはある。」

 

シークレットタレントを参照をするとネタを仕込んでるなぁと、分かる人には分かるやつ。

 

・その他

キズモノという単語もどこかで出したかった。

 

www.youtube.com