こざかなブログ

おすすめ動画の紹介や感想、ゲームプレイ日記などを中心にざっくばらんなブログ。楽しさや懐かしさ探しのお手伝いになれば幸いです。ドラクエ(スクエニ系)、レトロゲーム、DB芸人関連が多めです。宜しければStarやブックマーク、紹介動画様のチャンネル登録などよろしくお願いします。

スターオーシャン2 Second Evolutionのこと(9)

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメ、逃げちゃダメだ!!

スターオーシャン2 逃げ腰ヒーロー トロフィー

いえ、逃げましょう。時代は変わるものです。

 

何が起きたのか?と説明すると、DTの不貞腐れによりレナ&ディアスペアとクロード&セリーヌペアに分かれ、早救出対決みたいな展開になり紋章術の森に行くことになったのですが、敵からの被ダメが大きくレナが抜けたことで回復する術がなくなり、ブルーベリィも然程用意してこなかったからピンチになったという状況です。

ゲームによっては、特にFF5のブレイブブレイド&チキンナイフのすり込みを受けているのか、基本逃げないプレイを心掛けています。逃げると永久に取れなくなる称号なんかもありそうですね。今はゲームの性質や目的によって使い分けます。脱・完璧主義みたいな感じでしょうか。

 

最奥のセーブポイント前に辿り着いたのですが、この時点でボロボロでゴリ押しで進むか撤退するかなんですけど、どちらも難しい状態になり結局帰る選択をしたのですが、真面目に戦闘してたら案の定身が持たずなんと全滅しました!!

まさかこんな場所が難所になるだなんて……。

 

なので紋章の森の攻略術として、

・レナが抜けてしまうので、ブルーベリィなどの回復アイテムを用意しましょう
・ザコ戦は比較的スムーズに逃げれるので無理せず逃げて消耗しないようにしてみましょう

を意識してプレイすると全滅回避しやくなりそうです。

 

PS版でプレイした時にここで全滅した記憶なかったんだけどなぁ。MP切れの方が怖くてブラックベリィの方は用意してたのですが、まさかブルーベリィの方で困るとは。言われてみれば僧侶なし&薬草なしプレイになってるので当たり前っちゃ当たり前ではあるんですけど。ドラクエ3とかのキャラメイクもので如何に僧侶抜いてプレイできるか?みたいなのは意識するタイプなのでその影響もあるかもしれませんが。

ちなみに通常必須だと思われる僧侶を抜きたい理由ですが、例えば4人PTのゲームで僧侶を入れると主人公+僧侶で2枠取ってしまうので、一見キャラメイクもののような自由なゲームに見えて、実はほんの僅かしか自由がないゲームだな?ということに気付いて、そこに不自由さを感じて模索して自分流のやり方を発見したいなと思ったからです。

 

そんなわけで初全滅です。

ドラクエのようにゴールド半分で戻されるのではなく、前の記録からになるので経験値や取った宝箱などもボッシュートです。

 

気を取り直してセーブポイントからやり直して逃げまくり、村へ帰還。すぐさまブルーベリィで埋めましたが、逃げるが成功するのであんまり意味がなかったです全滅する前に気が付なきゃ……。

 

そして、最奥まで進むと、

スターオーシャン2 おまえか!

おまえが黒幕だったか!?いや、知ってたけど。PS版やってたから。

このあたりもベタでいいなぁ。RPGゲームやってるって感じで。

 

サクサクッとボコしてボス戦終了。

そしてディアス達と出会い、ボスがやられてるのを見ると、

スターオーシャン2 ディアスにちょっとだけ褒められる

クロードの力を認める懐の深さを見せつけてきます。

DTの懐の浅さとは段違いです。

 

 

村に戻り、レナの回復呪紋によって化けていた紋章術士にやられたエグラスも回復し、レナとクロードの和解トークになり、クロードが「レナがディアスのことを好きなるのも分かる気がするよ。」とDT敗北宣言。

……なんだ、おめぇ、ちょっと成長したじゃねぇか。

 

あの人は本当に強いんだろうなとも発言していたけど、通常攻撃最弱だからおめぇの方が強ぇぞ!!PS版の時に通常攻撃の性能があまりに弱過ぎて鮮明に記憶に残るくらいだから安心しろ!クロード編ではディアスの代わりにレオンが仲間になるのでディアスを使うことはこのプレイではできませんが、通常攻撃がどんな程度になっているだけは見てみたかった。ボイスも杉田智和さんじゃなくて甲高めの「はっ!」みたいな感じだったから、PS版と違って随分キリッとしたディアスになってるんですよね。

 

セリーヌ宅で一泊することから出発することになり、容態が良くなったエグラスとの会話。

スターオーシャン2 マーズ事件解決

ソーサリーグローブ調査のため「ハーリー→船→ラクール→エル大陸」の順で旅を進めていくことを伝え、話題はソーサリーグローブに。エグラスはソーサリーグローブは『一種のエネルギー物質で、それが放出エネルギーが周囲の生命に影響を及ぼし魔物化させたのではないか?』との予測。

また、ラクールから即エル大陸に行くよりもラクールで十分な情報を集めてからの方をすすめられることに。そして「…無謀と勇気は別物なのだよ。」という深いようで浅い中二台詞を投下!!このおっさん、できるぞ!!!心にやべぇものを秘めてる人種だ!!一気に好きになりました!!

 

全員集まっての会話から離れてエグラスと2人きりでの会話シーンも始まり、「君は不思議な臭いがするね。」なんて言われて一瞬BのLらしき雰囲気を臭わせるが、やっぱり始まりませんでした。安心安全のスクエニ商品!!ひとつ発想を変えると変な方向にいきそうな言い回し多くないですか??全然歓迎なのでいいんですけど。

そしてここでも「レナとセリーヌが一生懸命だったから」~~からの「レナちゃんだけじゃないの?」というDTいじりもあり、いちいち触れてくるのが良いですね。

 

一夜明けて見送りまでしてもらい、次の目的地は直近ではハーリー。それからラクール城、そして(マーズの長老も解読できなかったので)古文書解読のためリンガにも寄ることに。

 

次回はきっとアシュトン回だ!ひゃっほー!!